心も体もあたたまる、サツマイモのホットミルク

サツマイモの種類はどれでも構いません。皮がきれいで傷の少ないものを選びましょう。
スライスしたサツマイモは皮を厚くむいて水にさらし、水から茹でます。レンジで加熱してもかまいませんが、熱しすぎて水分が飛んだり、焦げたりしないよう注意しましょう。
健康ドリンク9
柔らかくなったら、やけどに気をつけて熱いうちに潰します。このときお好みで粒を残したり、全部潰したりと食感を調節してください。潰す前に、飾り用にすこし取り分けておくのもいいでしょう。
サツマイモを鍋に入れ、牛乳でのばします。ゆっくりかき混ぜながら温めて、サツマイモの香りがたったら出来上がり。すでにサツマイモに火が通っているので、煮込む必要はありません。沸騰させすぎると牛乳がダマになってしまったり、鍋からあふれたりするのでかならず火から目を離さないでください。
温めたカップにそそいでいただきましょう。

 

このままでも十分おいしいですが、甘味が足りないと思う方はいろいろ試してみてください。
はちみつや三温糖、黒糖を加えるとコクと風味が加わります。グラニュー糖ならすっきりとした甘さになります。
きな粉を入れるのもおすすめです。大豆イソフラボンを含むきな粉は美肌効果があり、カリウムも含まれているのでむくみ解消も期待できます。
サツマイモは食物繊維がたっぷり含まれているので、便秘解消に効きます。もちろん牛乳にはカルシウムがあり、女性にはうれしい食材です。積極的に摂りたいですね。

 

ちょっと変わったアレンジとしては、バターをひとかけ落とすのも美味しいです。バターの香りがいっそう食欲をそそります。お子さまにも好評でしょう。また、ココアをひとふり入れるのも体が温まっていいものです。
栄誉バランスを考えるなら、メープルシロップもおすすめです。亜鉛やカリウムなどのミネラルが豊富です。
その他マシュマロを浮かべたり、チョコレートを削って乗せたりとアレンジの幅を広げてください。