手軽な美容ドリンク「きな粉牛乳」

市販されている美容や健康のためのドリンク剤は、容器の片付けや買い置きが面倒だったり、添加物などが気になるものです。手軽に購入できる食材を使っても、安心で効果の高い美容・健康ドリンクを作ることができます。
大豆は女性ホルモンを増加させるイソフラボンを多く含む食品です。大豆が粉末化されているきな粉は、多くの量を取ることができるうえ、消化も良いのでドリンクの素材に適しています。きな粉大さじ1杯を牛乳1杯に混ぜるだけで、簡単に美容・健康ドリンクが出来上がります。きな粉の溶け残りがないよう、しっかりと混ぜることが大切です。
健康ドリンク1
イソフラボンの効果には肌が滑らかになったり、月経の周期を整えるなど、美容に嬉しい働きが多くあります。また、大豆に含まれる豊富なたんぱく質が健康な髪を育む環境を作ります。牛乳に含まれるカルシウムは、骨粗しょう症を予防してくれます。また、大豆サポニンが脂肪を燃焼させる働きがあるので、代謝が上がりダイエット効果もあるとされています。

 

きな粉と牛乳だけでは味気ない場合は、はちみつや黒糖を甘味として加えるとホッとできる豊かな味わいになります。牛乳が苦手な場合は、ドリンクタイプのヨーグルトで代用できます。また、冷たい牛乳が辛い時期には、温めた牛乳にきな粉を加えるホットドリンクもおすすめです。
きな粉も、一般的な大豆を使用したものの他に、さまざまなタイプのものが出ています。黒大豆のきな粉は、大豆の味わいが豊かに感じらるのが特徴です。香ばしい風味もあるので、味に変化をつけながら毎日続けると良いでしょう。きな粉とゴマがミックスされたものは、ひと味違ったカフェ風の味わいを楽しむことができます。一回使い切りの分包タイプも出ているので、昼食のお供などに利用すると、不足しながちな栄養素を補うこともできます。

旬物を上手に活用してスムージー作りでダイエット

旬のお野菜やフルーツなど利用してスムージー作りをする方も多いです。シーズン物のお野菜は、なるべく色が濃いものを選ぶのもよいですし、体調に合わせて生姜を入れたり工夫してスムージー作りをするのも楽しいです。フルーツは柿、ブルーベリーなど体調によってお野菜とフルーツの組み合わせを変えることで1日スッキリと過ごすことができます。スムージーを朝飲むことで、便秘症も改善され、お肌の調子も良くなるなど体調変化を実感できるようになります。お野菜も苦手なものをフルーツと合わせてスムージーにすることで苦手意識なく飲めるようになります。

 

セロリもスムージーにすることで美味しいと感じることもありますし、ちょっと工夫次第ではかなり楽しいスムージー作りが実感できるようになります。また食事前にスムージーを飲むことで食欲を抑えることができるのでダイエット効果もあり、自然と体重も落ちてきますし、朝も快適に過ごせるようになり便秘症が改善されるのでお腹ぽっこりも解消されます。お腹が張っている方などスムージーを飲むことでかなり体調も改善されてくるのがわかるはずです。
健康ドリンク2
ちょっと風邪のひき始めかなという時には蜂蜜、生姜、レモン汁、りんご、人参など入れてスムージー作りするのも良いですし、視力回復にはブルーベリーを入れるなど自分の好みに合わせてアレンジしやすいので満足いくスムージーが出来上がるはずです。お肌の吹き出物が気になる方は、ストレスなども影響していますし交感神経を落ち着かせるようなスムージー作りをするのも効果的です。豆乳を入れることでまろやかさもでますし、女性はホルモンバランスにも効果的なので、豆乳を取り入れることもスムージーが美味しくなります。スムージーで使用するフルーツはカットして凍らせておくことでシャーベット状になって夏は一味違った味わい方が出来ます。

 

ちょっとこのサイト良いんでない???

グリーンスムージーのレシピや作り方からホットスムージーまで掲載されてるサイトが分かりやすいです。
またダイエットや便秘解消などお悩み別にスムージーレシピを掲載してくれてるから安心♪

 

最近では葛の花の効果が話題でスムージーと合わせて飲んでる人も多いらしいです
葛の花サプリで痩せるを実感!イソフラボンの効果とは?人気サプリを比較

レシピ考案♪血糖値のコントロールができるスムージーのつくり方☆

スムージーにはさまざまな効果があることで知られています。その中でも近年特に注目を集めているのが血糖値をコントロールできるという効果です。
血糖値はとにかく下げれば良いというものではありません。逆に血糖値が下がりすぎることによって、健康を害してしまうというケースもあるのです。
そのため、健康を保つためには血糖値を上手にコントロールすることが重要となるのです。

 

ですが、一言でスムージーと言ってもさまざまなタイプのものがあります。何を使ってスムージーを作るのかによって効果は異なっているのです。
そこで、ここでは血糖値をコントロールするためのスムージーのレシピをいくつかご紹介してみたいと思います。

 

◆どんなレシピでスムージーを作れば血糖値をコントロールできる?

まず、血糖値を下げる上でもっとも重要な成分は何なのかを考えてみましょう。もっとも重要となるのは食物繊維です。ご存じの通り、食物繊維には糖の吸収を妨げる効果があります。これによって、急激な血糖値の上昇を防げるのです。もちろん、まったく糖の吸収を止めてしまうわけではありません。なので、低血糖になってしまう心配もありません。

 

そんな食物繊維が多い食材と言えば、やはりフルーツです。特にりんごなどは非常に繊維が豊富なことで知られています。また、フルーツの食物繊維は水溶性のものが多いことから、スムージーとして摂取するにはぴったりです。
ですが、すべてフルーツだけでスムージーを作ってしまうと、カロリーもやや高くなってしまいますし、肝心の糖の量も多くなってしまいます。

 

そこで、野菜中心のグリーンスムージーにりんごによって甘みを加えてみてはいかがでしょう?これであれば、野菜が苦手な方であってもおいしく飲めるはずです。

 

また、血糖値だけでなく血圧も気になっているという方はカリウムを多く含んだ野菜などを加えてみてはいかがでしょう?きゅうりなどはカリウムを多く含んでいますし、香りもそれほど強くありませんのでスムージーとの相性は抜群です。青じそなども香りがよく、バランスよくカリウムと食物繊維を含んでいますのでおすすめです。

 

スムージー作りには特別なルールはありません。ですが、このように成分に注目することによって、よりあなたの目的にフィットしたスムージーを作れるはずです。
できるだけ、普段の食事ではなかなか摂取することのないフルーツや野菜などをスムージーにすることによって、栄養のバランスを整えられるでしょう。